皮膚科の看護師として働く

皮膚科で働く看護師の主な仕事は、医師のサポートと診療補助です。患者さんに対しては、様々な医薬品を使った治療が行われることになるわけですが、医薬品の中には使い方を誤ると良くない働きをしてしまったり、効果がないものもありますよね。

そのため、患者さんが正しく薬を使うことができるように分かりやすい説明をするというのも看護師の大切な仕事です。患者さん側から質問をされることもあるわけなので、医薬品に関する正しい知識が必要になります。

皮膚科で働くことのメリットについてですが、ほとんどの皮膚科では残業がありません。特に外来のみという形で患者さんを受け入れている皮膚科の場合、残業は滅多にないと思っていいでしょう。

そのため、総合病院での残業に疲れ果ててしまったという人も皮膚科での仕事ならば無理なく続けることができるのではないでしょうか。

また、入院施設がない皮膚科のほうが多いため、夜勤もありません。夜勤は、多くの看護師にとって大きな負担になってしまうものなので、残業も夜勤もない仕事を探しているということであれば、外来のみの皮膚科で働くことを検討してみるといいですね。

ただ、皮膚科の看護師として働く場合でもいくつかのデメリットがあります。中でもデメリットとして感じている人が多いのが、皮膚科での勤務ではなかなかスキルアップしにくいという点です。

もちろん、皮膚に関する疾患については深い知識を得ていくことができますが、専門的な疾患が多くなるため、皮膚以外の疾患についても学びたいと思っている人だと物足りなさを感じてしまうかもしれません。

皮膚科から転職をする看護師の中には、仕事にやりがいを感じることができなかったという悩みを転職理由として挙げている人もいるようです。

ただ、平日の日勤のみ働くという希望が叶う職場もあるので、小さな子供がいて平日の昼間しか働くことができないという人は、皮膚科での仕事が向いているのではないでしょうか。 ライフスタイルを崩したくない人にもおすすめです。

ページの先頭へ