歯科の看護師として働く

歯科医院で働く看護師の仕事は、職場によって大きく異なります。というのも、歯科医院で働く人といえば、看護師よりも歯科衛生士や歯科助手といった資格を持った人が大半ですよね。

歯科医院によっては、看護師資格を持っているだけでは雇ってもらえないところもあるようです。 しかし、大学病院や歯科口腔外科といった大きなところでは、歯科衛生士や歯科助手の他に看護師資格を有している人を求めている場合があります。

まずは、看護師の資格を活かして働くことができる歯科医院を探すことから始めてみてはどうでしょうか。 どういった仕事を行うのかというと、歯に関する手術を行う際に必要な点滴、最適、検査、バイタルチェックなどが挙げられます。

仕事の内容は歯科衛生士や歯科助手としっかり分けられている場合もあれば、どちらも同じような仕事を担当する場合もあるので、こちらは求人情報をよく確認しておいたほうがいいでしょう。それから、中には歯科衛生士や歯科助手との折り合いがうまくいかない職場もあるようです。

特に、看護師と歯科衛生士・歯科助手が同じ仕事を担当する場合、職場によっては人間関係に問題が起きてしまうこともあります。いくら求人情報が魅力的だったとしても、楽しく働くことができなければ仕事を長続きさせることは難しいですよね。

歯科医院で看護師資格を活かして働きたいと思っているのであれば、看護師求人に強い転職支援サイトを活用してみましょう。

転職支援サイトには専任のコンサルタントがいるのですが、職場の内部事情について詳しいコンサルタントに話を聞けば、看護師でも働きやすい歯科医院を紹介してもらうことができるはずです。

看護師資格を持っているということは医療に関する正しい知識を身に付けていることが証明されるわけなので、手術中に何らかの異変が起きてしまった場合も非常に頼りにされます。医師だけでなく患者さんからも頼りにされることが多いので、やりがいを感じながら働くことができるのではないでしょうか。

ページの先頭へ